天空率計算

天空率計算についてお探しですね。

広告

天空率(てんくうりつ)とは、おもに建築設計において、天空の占める立体角投射率のことをいいます。

ある地点からどれだけ天空が見込まれるかを示し、100%が「全方向に天空を望む」状態、0%が「天空がすべて塞がれた状態」です。

建築基準法において、建築物の立体形状に対する制限の一要因という位置づけとなっていますが、これは平成14年建築基準法改正において斜線制限の緩和条件として盛り込まれたものです。

そこでは、斜線制限の範囲内で建てられる建築物と同等以上の天空率を建築物の周辺で確保できることが緩和条件となっています。

↓参考リンクです。

●ニュース
http://www.jcba-net.jp/news.html

●天空率制度・計画手法の普及を目指す NPO天空の会
http://www.tenkuu.jp/index.php

魚眼レンズで撮影して、Photoshopなどでゆがみ補正を行って、空の画像を色分けし数えれば、正確な数字が出るような気がしますが、意味ないです。

建物を建てる前は、ソフトでシミュレーションしないと駄目です。

広告

関連コンテンツ

タグ

2017年5月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ