4tダンプトラック

4tダンプトラックについて。

広告

一般的に4トントラック、ダンプと言われるように総重量8トン以下の車を言いますから総重量から車重を引いたのが最大積載量になります。

登録車検の時に積載量が決まりますが、それ以降に装備品を付けると車体重量は増えます。

土や砂利を運ぶ時に、大活躍しそうです。

条件の良い時でも、4tで5~7キロ/リットルぐらいなんだそうです。

頻繁にガソリンスタンドに駆け込まないと駄目です。

タンクも大きいのでしょうけど。

今は過積載の取り締まりが厳しく、体積的にはあまり多く積むことはできないそうです。

運転している人は、どこまで大丈夫か見た目と勘でわかるようです。

ダンプトラックを運転するまでに免許が必要だったり、軽いトラックの運転に慣れて車両感覚に慣れたり、下積みも必要なのでしょう。

軽自動車しか運転していない人は、ぶつけまくるかもしれません。

最初のドライブは、緊張するでしょう。

私では、そこまでできるようにはならないと思います。

広告

関連コンテンツ

タグ

2017年5月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ