jwcadで座標計算で図面を書きたい

Jw_cadを使って座標計算で図面を書きたいのですね。

広告

Jw_cadでは、トータルステーションから観測データを流し込んで座標化するようなツールはありません。

高価な測量CADを用意すべきです。

基準点の計算で誤差が発生したら、その後工程の平面図などの成果は全部誤差を含み、えらいことになります。

Jw_cadは土地図面の作成に使えますが、この計算は測量CADで行い、ここから先はJw_cadを使うというふうにした方が、生産性・精度が上がると思います。

外部変形やフリーソフトで計算ソフトは存在するのかもしれませんが、高いソフトほどの安心感はありません。

Jw_cadは座標をメモ帳で入力して、多角形を画面に描画するぐらいの事しかできません。

この工程は、測量CADで行った方がいいです。

絵ができたものを、Jw_cadで最終編集した方が楽で速いです。

座標計算で思い出すのは、土地家屋調査士試験です。

いったいCADを使わないで、プログラミング機能無しの関数電卓で、どうやったら正確な座標が出るのだろうかと、今振り返っても不思議です。

広告

関連コンテンツ

タグ

2017年5月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ