jwcad 64ビット に対応

Jw_cadは64ビットWindowsに対応しているのでしょうか。

広告

私もWindows10Pro64ビット版でJw_cadを使っていますが、Jw_cadの動作では特に問題は起きていません。

ただ、古い外部変形が動かない場合があるというのが残念な所です。

64ビットOSにするメリットは、メモリを4GB以上認識してくれる事です。

今は8GB以上が当たり前なので、32ビットOSではメモリをたくさん積んでも生かすことはできません。

64ビットOSにすると、64ビットOS用ソフトも32ビットOS用ソフトも両方動かせます。

32ビットOSにすると、64ビットOS用ソフトは使うことができません。

ただ過去のソフトの継承となると、32ビットOSの方が有利かもしれません。

実際の所は、私もいろいろなソフトをWindows10Pro64ビットのバージョンで使っていますが、快調です。

最近のPCは64ビットOSがインストールされて売られているケースが多いようですが、あえて32ビットに入れ替える必要も無いと思います。

古い32ビットアプリケーションソフトをどうしても使いたい時は、古いPCを活用しましょう。

WindowsXP以前のOSも、外部ネットワークにつなげなければまだ使えます。

あと、仮想環境を利用するのも良いでしょう。

広告

関連コンテンツ

タグ

2017年4月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ